So-net無料ブログ作成

覚えるの早いねぇ [スポーツ]

2017-09-09T02:56:53.jpg2017-09-09T02:56:53.jpg2017-09-09T02:56:53.jpg
久居道場の高校生たち。
組手が恐ろしく早いスピードで強くなっている。
人は歳を取るとエネルギー生産効率が悪くなるため疲れやすくなり、やがて楽をしようとする。
そうすると今まで使っていた筋肉を動かさなくなることにより運動神経が痩せ衰え、やがて筋肉もなくなっていく。
その結果、筋肉への電気信号の伝達速度が遅くなるので、体を思うように動かせなくなりやがてスポーツ選手は現役引退を迎える。
運動をしていない人ならばつまずきやすくなったり、こけやすくなったりと老化が進んで行く。
歳を取ってからスポーツを始めても習得に時間がかかるのは神経の電気信号の伝達速度が遅くなっているからで、若い人の方が上達が早いのは科学的根拠がある。
なので彼らの成長を見ていると
「なるほどなぁ」
と思ってしまう。
しかし年寄りたちよ諦めるな。
その神経の電気信号の伝達速度は眠っているだけで、適切な運動をすれば若い頃に近づけると科学的に証明されている。
つまり楽をしようとして運動をしなければますます老化して行き、正しい運動をすれば昔のような若々しい動きと肉体が手に入れられるのだ。
とは言うものの、あっという間に空手が上達する彼らが羨ましいのは事実。

少年よ、大志を抱け
nice!(1) 
共通テーマ:moblog

nice! 1